渋沢しぶさわ 栄一えいいち

1840年 1931年

100

徳川慶喜の家臣から欧州遊学を経て大蔵省で井上馨の腹心となり、第一国立銀行を拠点に500以上の会社設立に関わり「日本資本主義の父」と称された官僚出身財界人の最高峰

渋沢栄一

渋沢栄一の寸評

渋沢栄一の史実

渋沢栄一の交遊録