武市たけち 半平太はんぺいた

1829年 1865年

90

剣術道場主から久坂玄瑞に啓発され「土佐勤皇党」を結成、吉田東洋暗殺で藩政を握り長州藩と連携して「破約攘夷」運動を牽引したが下克上を嫌う山内容堂に誅殺され土佐藩は中央政局から脱落

武市半平太

武市半平太の寸評

武市半平太の史実

武市半平太の交遊録