長州藩主毛利敬親の尊攘方針により周布政之助らが要路に就く

1856

藩主毛利敬親の尊攘方針により、浦靱負・益田弾正ら尊攘派に近い門閥家老が要路の主流となり、村田清風の直系である周布政之助が財務担当の用所役に抜擢された。
日本史年表