長州藩で久坂玄瑞・木戸孝允・高杉晋作ら尊攘派が実権を掌握し公武合体派の長井雅楽が自害

1863

一時は京都政局を風靡した長井雅楽の「航海遠略策」は盟友の老中阿部将弘の失脚で瓦解し、朝廷を蔑ろにする幕府主導の公武周旋策は長州藩論を惑わせたとして尊攘派から弾劾された。長井雅楽を擁護する意見もあったが、久坂玄瑞・高杉晋作らの攻撃は鋭く(長井は吉田松陰の政敵だった)、長井は藩論分裂を避けるため自害した。
日本史年表