賤ヶ岳の戦いは不参加で本領安堵されるも小牧・長久手の戦いに加担した越中の佐々成政(柴田勝家与力)が羽柴秀吉(豊臣秀吉)に降伏(厳冬の「さらさら越え」で浜松に赴き徳川家康らに再挙を促すが断られ孤立)、旧知の秀吉は新川一郡を除く所領を没収するが助命し御伽衆に採用、戦功により没収領を得た前田利家は加賀・能登・越中三国の太守となる

1586

日本史年表