西郷隆盛が鹿児島へ戻り藩主父子に情勢を報告、同伴した坂本龍馬に薩長同盟の密計を託し小松帯刀主導で亀山社中を設立

1865

幕府の圧力により外国人との貿易が困難となっていた長州藩のために、薩摩藩は名義を貸して武器や艦船の購入を亀間社中を通じて行い、逆に薩摩で不足する兵糧米を長州から購入した。薩摩藩の小松帯刀は勝海舟から預った坂本龍馬ら神戸海軍操練所出身者を活用し亀間社中の運営にあたらせた。
日本史年表