秋月種実・高橋鑑種を味方に付け肥前の龍造寺隆信とも連携した毛利元就が豊前・筑前を再攻、吉川元春・小早川隆景の奮闘で拠点立花山城を征すが、山中鹿介幸盛の尼子再興軍(出雲)・大内輝弘の乱(周防)に後方を脅かされ北九州を放棄して撤退、大友宗麟は忠臣の戸次鑑連(立花道雪、立花宗茂の養父)・高橋鎮種(紹運、立花宗茂の実父)を守将に据え豊前・筑前支配を確立

1569

日本史年表