毛利方を離脱し最後は織田方に付いた備前の梟雄宇喜多直家が岡山城にて死去、家督を継いだ嫡子宇喜多秀家を羽柴秀吉(豊臣秀吉)に託す(秀吉は宇喜多秀家の生母円融院と昵懇となり秀家を一門衆・五大老に取り立てる)

1581

日本史年表