日本軍がインドネシア全域を占領し石油供給源を獲得(シーレーン断絶で宝の持ち腐れとなる)

1942

日本軍は、蘭領東インド、英領ボルネオなどの産油地を含むインドネシア全域を占領した。アメリカからの輸入に代わり得る産油地を獲得したことは極めて重要で、1943年以降は日本の総消費量を上回る量の原油の確保に成功した。が、ミッドウェー海戦敗北以降、日本への補給路断絶と輸送手段である船舶の喪失が著しく、十分な量の石油を確保しながら、日本に辿り着いた石油の割合は1943年に40%、1944年に22%、1945年には遂に0%に落ち込み、宝の持ち腐れとなった。
日本史年表