[戸次川の戦い]肥後から島津義弘軍、日向から島津家久軍が豊後大友領に殺到、羽柴秀吉(豊臣秀吉)は大友氏救援のため長宗我部元親率いる先発隊を送るが、功を焦った軍監仙石秀久の失策と島津の釣り野伏せ戦法により大敗し十河存保と元親の嫡子信親までが戦死、島津家久は府内城を落とし大友宗麟の臼杵城を包囲、嫡子大友義統は敵前逃亡(仙石秀久は逃亡し改易されるが、小田原征伐の「仙石原合戦」で返り咲く)

1586

日本史年表