[慶安事件・由井正雪の乱]戦国時代の終焉と大名整理により巷に失業武士(浪人)が溢れるなか、軍学者由井正雪の浪人団による将軍徳川家光の死に乗じた幕府転覆計画が発覚、首謀者の由井正雪は駿府で自害し丸橋忠弥(長宗我部盛親の遺児)は江戸で磔刑、黒幕の疑い濃厚な紀州藩主徳川頼宣は不問、事件の反省から幕府は武断政治から文治政治に転換し浪人救済政策や末期養子の禁緩和などを実施

1651

日本史年表