保安条例

1887

「保安条例」は山縣有朋が主導した自由民権運動弾圧政策の一つで、治安妨害の恐れがある者を3年以内皇居外3里の地へ退去させることを定めた。
日本史年表