イギリス捕鯨船員の常陸上陸事件、徳川斉昭の水戸藩を中心に攘夷熱が高まる

1824

水戸藩領の常陸大津村にて、イギリス捕鯨船員12人が水や食料を求め上陸する事件が起った。幕府が船員らの要求を受入れたのに対し、「尊皇攘夷」の水戸学派と徳川斉昭は弱腰と批判、水戸藩では攘夷熱が高まり諸国へ伝播した。
日本史年表