Yagyuumunenori

やぎゅう むねのり(たじまのかみ)

柳生 宗矩(但馬守)

1571年~1646年

80

父柳生石舟斎の「無刀取り」に感服した徳川家康に召抱えられ大和柳生藩1万2500万石の大名に栄達した将軍家兵法指南役「江戸柳生」の家祖にして『兵法家伝書』で「活人剣」「治国・平天下」を説いた「日本兵法の総元締」

Itoittousai

いとう いっとうさい(かげひさ)

伊東 一刀斎(景久)

1560年~1628年

80

14歳で中条流の剣豪を斬殺し戸田一刀斎に入門するが師匠も圧倒、武者修行に出て33戦全勝し「払捨刀」「夢想剣」の極意を得て一刀流を創始するが相伝者の小野忠明を徳川家康に推挙し消息を絶った天才剣士

Shimotsumarairen

しもつま らいれん

下間 頼廉

1537年~1626年

80

本願寺顕如に軍権を託され11年に及ぶ石山合戦を凌ぎ切り散々に織田信長を苦しめたが降伏後は武力放棄・局外中立を堅持し浄土真宗の法灯を護った本願寺の守護者、子孫の刑部卿家は西本願寺坊官として繁栄

Yamadanagamasa

やまだ ながまさ

山田 長政

年~年

80

裸一貫でシャム(タイ)へ渡り中継貿易の利潤と日本人傭兵団の武力でアユタヤ王朝の軍事を握るが政争に敗れてリゴール王に左遷され毒殺された中世唯一の国際人、没後アユタヤ日本人町は焼払われ江戸幕府の鎖国により自然消滅

Sesshu

せっしゅう

雪舟

1420年~1506年

80

中国作品の模写を脱して日本風水墨画を確立し『四季山水図』『秋冬山水図』『破墨山水図』『慧可断臂図』『天橋立図』など国宝6点と数多の重文作品を遺した日本画壇の巨星

05 toyotomihideyoshi

とよとみ ひでよし

豊臣 秀吉

1537年~1598年

70

尾張の下層民から滅私奉公と才覚で織田信長の重臣に躍進、弔い合戦で明智光秀を討ち、柴田勝家と信長の息子を滅ぼして天下統一を果たすも織田家から奪った天下を徳川家康に奪われた戦国下克上の出世頭

16matsunagahisahide

まつなが ひさひで

松永 久秀

1510年~1577年

70

三好長慶の下で勢力を伸ばすが長慶没後三好一門衆と対立して孤立、主家簒奪・将軍弑逆・大仏焼討ちの「久秀三悪事」で悪名を高め、織田信長に帰順して大和支配を回復するも信長包囲網に加担、二度目の謀反に敗れて名器「平蜘蛛」諸共自爆死した下剋上の代名詞