日本史年表へ戻る
ソ連を重視する永田鉄山と「中国一激論」を主張する小畑敏四郎の対立が表面化、一夕会は永田の統制派と小畑の皇道派に別れて睨み合い、次第に対立を深めていく。