日本史年表へ戻る
日産コンツェルンの鮎川義介は、満州事変後の軍用車両の需要増に対応すべく、自動車工業株式会社(いすゞ自動車の前身)からダットサンの製造権を取得し自動車製造株式会社を設立した(のち日産自動車へ改称)。間もなく豊田喜一郎が豊田自動織機製作所内に自動車製作部門を創設しトヨタ自動車を創業、奇しくも日本が誇る二大自動車メーカーは同じ1933年に出発した。