日本史年表へ戻る
内部対立により政友会から分派した床次竹二郎らの政友本党が、憲政会に合流して立憲民政党が発足した。濱口雄幸総裁を、若槻禮次郎(前憲政会総裁)・床次竹二郎(政友本党総裁)らが支援する党体制がとられた。民政党は、大政翼賛会に吸収されるまで、政友会と並ぶの二大政党として存続した。なお、小泉純一郎の祖父小泉又次郎も結党時に総務として幹部に名を連ねている。