日本史年表へ戻る
普通選挙法による選挙人の増大に比例して、政党が必要とする政治資金も急増した。もともと政党政治家ではなく金策が不得意な高橋是清は政友会総裁を降板、陸軍が溜め込んだ機密費を持参金に田中義一が後継総裁となった。田中義一は山縣有朋直系の陸軍長州閥の領袖であり、政党政治の堕落はここに極まった。