日本史年表へ戻る
政友会の内部対立で総辞職した高橋是清内閣に代わり、海軍の加藤友三郎が貴族院を基盤に組閣した。加藤友三郎は衆議院に政治基盤がないことを理由に大命を拝辞したが、野党憲政会の加藤高明への大命降下を恐れた政友会が協力姿勢を示したことで組閣に踏切った。