日本史年表へ戻る
山縣有朋の片棒担ぎに失敗した大隈重信内閣が迷走の末に総辞職、代わって山縣直系の寺内正毅が組閣した。寺内は1910年の発足時から勤めた朝鮮総督を辞し、代わって同じく陸軍長州閥の長谷川好道が第二代朝鮮総督に就任した。