日本史年表へ戻る
対華21カ条要求により、日本は、中華民国最大の製鉄会社漢冶萍公司を事実上の支配下に置いた。国内でほとんど鉄鉱石が採れない日本は、鉄鉱石の供給を中国と朝鮮に依存していた。