日本史年表へ戻る
パナマ運河開通により、アメリカの太平洋・アジア進出への道は大きく開かれた。ただし、軍事的には、幅の狭いパナマ運河に艦艇の幅員が制約されるという問題点があった。後に日本海軍は、この点を衝いて大鑑巨砲主義を推進することとなる(結果的には大失敗)。