日本史年表へ戻る
袁世凱への抵抗運動に敗れ逃亡した孫文は、亡命先の東京で中国革命党を組織し、自ら創設した中華民国政府(北京政府)への革命運動を主導することとなった。孫文は、広東に革命拠点を築き、強力な北伐軍を組織して北上、地方に割拠する軍閥勢力を駆逐しながら最終的には北京政府を打倒して中国を統一し、南京に国民政府を樹立することを目指した。孫文は1925年に亡くなるが、孫文の遺志は後継者の蒋介石に引継がれ実現される。