日本史年表へ戻る
大正政変を受け発足した山本権兵衛内閣は、政党や大衆運動を慰撫すべく軍部大臣現役武官制の要件を緩和、現役将官に限られていた陸海軍大臣有資格者の範囲を予備役・後備役まで拡大した。