日本史年表へ戻る
政友会の協力により大逆事件責任追及の猶予を得て条約改正にこぎつけた桂太郎は、約束どおり西園寺公望に政権を禅譲した。