日本史年表へ戻る
外国依存に反発し藤田組小坂鉱山を去った小平浪平は、広島水力電気を経て東京電燈(東京電力の前身)に入社し「東洋一のプロジェクト」桂川発電所建設に従事、「電気工学を学んだ者の羨望の的」東電送電課長に昇進した。が、「国産技術立国」を志す小平浪平はここでも外国製機械と外国人技師への依存に失望し間もなく退職、「痩せても枯れても自力で機械を作る」ため、1906年久原房之助の招聘に応じ茨城県の久原鉱業所日立鉱山へ転じ工作課長となった。この前年、久原房之助は親分の井上馨の援助で赤沢銅山を買収し日立鉱山へ改称、すぐに鉱山開発を軌道に乗せ、掘削・精錬機械の電力確保のため発電所の建設と買収を進めていた。小平浪平は石岡川発電所の建設などを陣頭指揮したが、排水ポンプ用の電動機(モーター)に故障が多く難渋、大半がGEやWestinghouseなど外国製だったことに反骨心を刺激され「故障しないモータが日本人の手で作れるはずだ、作れないのは、作ろうとしないからだ」と修理改良に乗出した。故障を減らし自信を深めた小平浪平はモーター製造を決意し、1910年渋る久原房之助から出資金を引出し「日立製作所」を創業した(「日立」は企業名より地名が先)。当時の日立は酷い僻地で工場は掘立小屋同然だったが、小平浪平は帝大教授陣も巻込んで熱心に技術者招致に努め倉田主税(2代目社長)・駒井健一郎(3代目社長)・大西定彦ら優秀な人材を獲得、社内に見習工養成所(現日立工業専修学校)も開設した。設備も経験も足りない日立製作所では悪戦苦闘が続いたが、国産初の大型電動機製造を成功させ、創意工夫で技術力を高めつつ発電設備・電動機市場に割安な国産製品を浸透させていった。大物工場の全焼で小平浪平は窮地に陥ったが、翌1920年鮎川義介が経営難の久原財閥を承継し「日産コンツェルン」に再編、日立製作所は窮地を脱し株式会社へ改組された。日産の資金力を得た小平浪平は成長を加速、電気機関車製造に進出し、主力工場を日立に留めたことが幸いし関東大震災の復興需要を満喫、さらに日産の満州重工業開発と軍需に乗り日立製作所は一流重機メーカーへ躍進した。