日本史年表へ戻る
満鉄の日米共同経営案など横槍を拒否されたアメリカは「門戸開放」の主張に基づき満州の鉄道中立化(各国参入の自由化)を提唱、対する桂太郎政府は日英同盟を強化し、日露協商で満州の既得権益を相互承認、アメリカの介入を退け満州権益の防御に成功した。しかし、アメリカの反日世論は高まり日本人移民排斥運動が発生、日米関係は徐々に悪化していった。