日本史年表へ戻る
東洋拓殖会社は、桂太郎首相が成立させた東洋拓殖会社法に基づく国策会社で、満鉄と並ぶ日本の植民地経営の牽引役として大きな役割を担った。漢城(ソウル)に本店を置き、日本人移民の誘致と、農業経営や金融事業などを展開し、韓国併合後の土地調査事業で官有地とされた農地が安い価格で払下げられ、韓国最大の大地主に成長した。