日本史年表へ戻る
政友会の内部対立による伊藤博文の首相辞任、西園寺公望による臨時政権運営を経て、山縣有朋直系の桂太郎が組閣した。桂太郎は、山縣ほどの超然主義をとらず政友会と強調する姿勢を示し、伊藤博文の後継として政友会総裁となった西園寺公望と連携して、桂園次代といわれる政治的安定期を築くことに成功する。