日本史年表へ戻る
山縣有朋政府は、政党政治への対抗策として、軍部大臣現役武官制を導入した。軍部大臣現役武官制とは、要するに軍部の意向に添わない内閣は存立できないということであり、軍部が行政をコントロールする切り札となるもので、実際に後の軍部暴走を許す決定的要因となった。