日本史年表へ戻る
山縣有朋政府は、地租増徴に成功すると一転、星亨ら憲政党員の入閣案を撤回し、従来の政党封じ路線に戻り対決姿勢を鮮明にした。活発化する政党員の猟官運動を阻止するため、文官任用例を改定して文官高等試験による試験任用の範囲を拡大し自由任用を制限した。