日本史年表へ戻る
山縣有朋政府は、軍事予算拡大の財源を確保するため、閣僚ポストの提供などを約束して星亨らの憲政党を懐柔し、帝国議会で地租増徴案を成立させた。