日本史年表へ戻る
薩長藩閥に対抗して政党内閣を創るため、第5回衆議院総選挙を前に、板垣退助の自由党(衆議院議席数98)と大隈重信の進歩党(同91)が合同し憲政党を結成、圧倒的多数の議席数を確保して初の政党内閣を成立させた。