日本史年表へ戻る
伊藤博文が、憲法草案を審議するために設立、自ら初代枢密院議長となった。枢密院は、大日本帝国憲法において天皇の最高諮問機関と規定され、薩長藩閥の牙城となって大きな権力を握った。