日本史年表へ戻る
明治政府は大山巌(薩摩)陸軍卿を団長に随員20余人からなる軍事調査団をヨーロッパへ派遣、一行はドイツ・フランス・イギリス・ロシア・アメリカを歴訪し一年半後に帰国した。大山調査団の派遣は、大村益次郎(長州)以来フランス式を模倣してきた陸軍の軍制が、普仏戦争でフランスに勝利したドイツ(プロイセン)式へ切替えられる転機となった。フランス式が「国民の軍隊」であるのに対しドイツ式は「皇帝の軍隊」であり、日本はドイツ軍に倣い「天皇の軍隊」を創建するが、大日本帝国憲法が謳う「統帥権の独立」は文民統治排除の誘因をはらみ実際に軍部専横の切札となる。大山巌は陸軍のホープである桂太郎(長州)と川上操六(薩摩)を随行員に加え、現地で同室となった同年生れの二人は盟友関係となった。このとき桂太郎は「作戦(軍令)は君に任せるよ。僕は軍政をやろう」と語ったが、この言葉どおり軍政の桂太郎と軍令の川上操六の薩長コンビがドイツ式陸軍建設を担う中核となり、4歳年下の児玉源太郎(長州)を加え「明治陸軍の三羽烏」と称された。