日本史年表へ戻る
会津戦争に際して、国家老の西郷頼母らは状況の不利を悟り降伏を勧めたが、松平容保は徹底抗戦を強行した。藩士たちは婦女子に至るまでよく戦い、斎藤一ら新撰組の残党も善戦したが、遂に敗北し降伏した。松平容保は死一等を減じられて江戸に蟄居、官軍は西郷頼母・田中玄清・神保内蔵助ら三家老の切腹を求めたが、西郷は失踪し神保と田中は城下の戦闘で自刃していたため次席の萱野長修が責任を負って切腹した。一方、戦乱による苛斂誅求にあえぐ会津の民衆は藩と松平容保に冷淡だった。農民を徴用した官軍がきちんと駄賃を払うことに驚き、「会賊」の幟を立てて積極的に官軍に協力、江戸へ連行される松平容保を見送るために作業の手を止めることもしなかった。官軍を率いた板垣退助は「一般の人民は四方に逃げ散り、漸次翻って官軍の手足となった」様子を見て四民平等でなければ国は守れないと痛感し、後に自由民権運動に身を投じる動機となったという。