日本史年表へ戻る
恭順するも赦されず朝敵として追討の対象とされた会津藩の松平容保は、同じく朝敵とされた庄内藩(江戸市中取締の職にあって討幕派の恨みを買っていた)と提携し、中央情勢に疎い東北諸藩を巻込んで両藩の赦免嘆願を目的に同盟を結成した。薩長・朝廷が赦免を拒絶すると態度を硬化させ軍事同盟に変化、新政府との会談が決裂した河井継之助の越後長岡藩も加わり奥羽越列藩同盟となった。