日本史年表へ戻る
大政奉還を受けた京都朝廷は、徳川慶喜と佐幕派諸侯が不穏な動きをみせるなか、「王政復古の大号令」を公布し幕府の廃絶・摂関の廃止・三職の設置による新政府の樹立を宣言した。下級公家出身の岩倉具視は、朝廷から摂関家をはじめとする世襲制を排除し名実共に朝廷を牛耳る布石を打った。