日本史年表へ戻る
西郷隆盛は、幕府の恭順路線を破り討幕戦争に引きずり込むべく、伊牟田尚平・益満休之助・相楽総三ら薩摩出身の不逞浪士を江戸へ派遣し放火や強盗により幕府を挑発、屯所を襲撃された江戸市中取締の庄内藩は報復のため江戸薩摩藩邸を焼打ちし、大阪城の幕府・会津・桑名藩の兵士を激昂させ戊辰戦争へ奔らせた。西郷の謀略家の一面を象徴する事件であった。