日本史年表へ戻る
坂本龍馬の斡旋により、京都三本木の料亭にて、土佐藩後藤象二郎・福岡孝悌らと薩摩藩小松帯刀・西郷隆盛・大久保利通とが、両藩協力して大政奉還と王政復古を実現させることを約した。この後、土佐藩は山内容堂を促し大政奉還の建白書を提出する。しかし、薩摩藩の腹は既に武力討幕で固まっており、同盟を解消して戊辰戦争に踏切ることとなる。中岡慎太郎も有志代表として陪席したが、真意は薩長と同じく武力討幕路線であった。