日本史年表へ戻る
中岡慎太郎の斡旋により、京都の小松帯刀邸にて、土佐藩の板垣退助・谷干城らと薩摩藩の西郷隆盛・吉井友実らが武力討幕の密約を結んだ(薩土密約)。戊辰戦争に際して、山内容堂は最後まで武力討幕に反対であったが、板垣退助が土佐勤皇党の流れを汲む迅衝隊を率いて独断挙兵し、辛くも薩土密約を守った土佐藩は薩長土肥の一角に滑り込んだ。