日本史年表へ戻る
亀山社中とグラバー商会の取引は小松帯刀が差配、長州藩の井上馨と伊藤博文を長崎の薩摩藩邸に匿ってグラバーと引き合わせ薩摩藩名義で商談を成立させた。長州藩は大村益次郎の勧めで新式のミニエー銃4300挺・ゲベール銃3000挺を購入、合計でミニエー銃は1万挺・エンフィールド銃は5~10万挺となり、質量ともに幕府軍を圧倒する洋式銃器は四境戦争(第二次長州征討)と戊辰戦争で絶大な威力を発揮した。