日本史年表へ戻る
久坂玄瑞・来島又兵衛・真木和泉らの出兵論に反対し禁門の変の直前に姿を晦ました木戸孝允は、二条大橋の乞食小屋に隠れて幕吏の捜索をかわし、京都を脱出して但馬出石に潜伏し荒物屋主人や寺男に姿を変えつつ形勢を観望した。体を張って木戸を世話した愛人の幾松(京都三本木の芸妓)は、木戸の脱出後同志に保護され馬関へ移された。長州藩の実権を奪回した高杉晋作・大村益次郎は、幾松を使者に送って木戸を呼戻し、藩庁の実質的な指導者に迎えた(政治堂用掛兼国政方用談役心得)。高杉は「艱難は共にできるが富貴は共にできない」と藩政参加を断り功山寺義挙を共にした伊藤博文を伴い西欧視察を志した。明治維新後、木戸孝允は幾松を正妻に迎え、幾松改め木戸松子は木戸が亡くなると剃髪して翠香院と称し京都木屋町に住んで亡夫の菩提を弔う余生を送った。