日本史年表へ戻る
高杉晋作・伊藤博文・井上馨ら正義派諸士は、誠意恭順を尽くして交渉にあたりつつも幕府征長軍が防長に攻込んできた場合は断固迎撃すべしとする武備恭順を主張したが、無条件降伏・武装解除も辞さないとする俗論党が優勢となり藩政から正義派を締出した。周布政之助は自決、高杉晋作は捕縛を間一髪で免れて脱走し筑前へ亡命、井上馨は俗論党士に闇討ちされて瀕死の重症を負うが九死に一生を得て蘇生した。伊藤博文は、不敵にも力士隊を山口から下関に連れ帰りたいと藩庁に願出て許され、奇兵隊などの諸隊と共に長府の功山寺に入った。