日本史年表へ戻る
近藤勇・土方歳三の新撰組が京都池田屋に参集する尊攘派志士を襲撃した(池田屋事件)。死亡7人(吉田稔麿・北添佶摩・宮部鼎蔵・大高又次郎・石川潤次郎・杉山松助・松田重助)・負傷4人(望月亀弥太は当日自決)・召捕り23人の受難者を出した尊攘派は壊滅的打撃を蒙り、憤激した長州過激派が暴発し禁門の変を起した。木戸孝允は池田屋へ出向いたが事件発生時にたまたま中座しており間一髪で難を逃れた。捕縛者は京都六角獄舎に繋がれたが、禁門の変の渦中に大半が幕吏に殺害された(生野の変で投獄された平野国臣も巻添えとなる)。続く禁門の変でも武威を示した新撰組は、朝廷・幕府・会津藩から感状を賜り合計で200両余りの賞金を与えられた。近藤勇・土方歳三は賞金を元手に隊士募集を行い組織を拡大、伊東甲子太郎一派も合流し新撰組は200人を超す大所帯となった。