日本史年表へ戻る
久留米水天宮の神職から京都へ出た真木和泉は、尊攘派浪士の首魁にして幕末一のトラブルメーカーであった。有馬新七ら薩摩藩過激派と提携した真木和泉は寺田屋騒動に遭遇し一党28人と共に薩摩藩士に逮捕され、久留米藩へ引渡された。久留米藩では真木らの処遇を巡って対立が起り、佐幕派が優勢となって全員の死罪が決定されたが、同志の久坂玄瑞は学習院御用掛の立場を活かし朝廷から助命を促す勅諚を得て久留米藩主有馬頼成に働きかけ、無罪放免を勝取った。真木和泉らは、堂々と久留米藩を立去って京都へ戻り長州藩に属して大和行幸を共謀、八月十八日政変が起り七卿に随従して長州へ逃れると最も過激な出兵論者となり『出師三策』を諸卿に献策し尊攘派長州藩士を扇動した。真木和泉の京都制圧計画は希望的観測に基づく無謀な作戦であったが、来島又兵衛らが感化され、池田屋事件が起ると遂に長州藩は激発した。木戸孝允と周布政之助は出兵論だけでなく世子上洛にも猛反対し、高杉晋作は世子が上洛して大義名分を明らかにすることは士気の高揚に繋がると考え最初は賛成したが、無謀な出兵論が過熱するに従い世子上洛も否定へ転じた。一方、吉田松陰譲りの「草莽崛起論」を唱えて真木和泉ら他国志士を巻込み八月十八日政変まで京都政局をリードした久坂玄瑞は、率兵上洛して君側の奸を追払えば朝議を回復できるものと信じ終始賛成の立場を貫いた。