日本史年表へ戻る
八月十八日の政変で長州藩から主導権を奪った薩摩藩の建議により朝廷会議(朝議)への有力諸侯の参画が決定された。薩摩藩が推進する雄藩連合による公武合体の具体化であり、参預には徳川慶喜・松平容保・松平春嶽・山内容堂・伊達宗城が選ばれ、翌年上京した島津久光が加わった。