日本史年表へ戻る
尊攘派志士が初めて起した幕府に対する武力蜂起。大和行幸の先発隊として挙兵し幕府天領の五条代官所を襲撃して代官鈴木源内を殺害したが、渦中に八月十八日の政変が勃発し追討令を受けた高取藩等諸藩兵に敗れ壊滅した。旗頭に担がれた公家の中山忠光は長州へ逃れたが、首謀者の吉村寅太郎・那須信吾(吉田東洋暗殺犯の土佐脱藩浪士)は討死した。