日本史年表へ戻る
三条実美と共に長州藩・土佐藩の破約攘夷運動を支えた姉小路公知が京都御所朔平門外の猿ヶ辻で刺客に襲われ落命した。暗殺犯は未だに不明だが、薩摩藩の「人斬り」田中新兵衛が取調べを受ける前に自決したことから、長州尊攘派に対抗して公武合体運動の巻返しを図る薩摩藩の犯行とみなされ、逆に憤激した尊攘派の勢いが高まった。