日本史年表へ戻る
山内容堂は、佐幕的公武合体から逸脱した武市半平太ら土佐勤皇党の暴走と京都での天誅騒ぎに不快感を募らせ、恩人で腹心の吉田東洋を殺した恨みも忘れていなかった。そんな折に青蓮院宮が平井収二郎・間崎哲馬・弘瀬健太に藩政改革を促す令旨を与えた一件を軽率にも暴露し山内容堂は土佐勤皇党の粛清を決断、先ず平井・間崎ら3名を面罵し免職のうえ帰国を命じた。土佐へ戻った山内容堂は、平井ら3人を切腹させ、武市派の重臣を更迭し後藤象二郎(吉田の甥)を執政に据えて吉田暗殺犯の捜索を蒸返し、武市半平太を京都から呼戻して獄に繋ぎ厳しく尋問した。